接骨・整骨・ほねつぎについて

柔道と骨つぎというものは,昔からの生活の中で親しまれているものであり、今日まで伝承されてきたものです。

例えば、眼科であれば目の専門であり、歯科であれば歯の専門があるように、柔道整復師にとっては骨や筋肉・靭帯・腱・関節の整復が、専門になります。

柔道整復師の行なう柔道整復術とは、もとは柔術の技の中にあった活法 (人を傷つける殺法と人を生かし治す技を活法という)から発展したものです。

つまり柔道整復師は何百年も昔から「骨つぎ」などの名称で親しまれてきたもので、日本人にとって身近な医療であり、日本独自の立派な医学なのです。

整骨術の目的として、患者さんの肉体的な苦痛を一日も早く取るために手技療法、運動療法および物理療法などの施術を行い、痛いところの回復と痛くならないための予防に努めています。

ちなみに接骨、整骨やほねつぎというのは、すべて同じです。

また、柔道整復師は、1900年前半に柔道整復術が国から公認されている立派な
国家資格であります。

それゆえ柔道整復師は、骨折・脱臼・捻挫・挫傷・打撲のプロフェッショナルであり肩や肘関節の脱臼や、手や足の骨折を術者の手だけで症状を軽減させます。


また、柔道整復術は,各種
健康保険がききます。


また、整骨院では、
交通事故労災事故なども保険の対象です。


戻る